瘢痕(きずあと)、ケロイド

概要
大きなけがや事故、手術に限らす、ちょっとした切り傷や擦り傷でも一度できた傷は目立たなくなることはあっても消えることはありません。

傷そのものが治ってからもキズアトの赤みや硬さなどが落ち着くのには半年程度かかると言われています。その半年の間にできることはある程度ありますが、それ以降のキズアトの変化は乏しく、その段階で目立たず、痛みや痒みの残らない場合はいわゆる「きれいなキズアト」と言えます。これに対して傷あとに外傷性刺青(外傷の項参照)色素沈着(茶色)が起こっていたり、赤みや盛り上がりがあったり、痛みや痒みを伴ったり、ひきつれて運動に影響があったりする場合に治療対象となり、改善が期待できる場合があります。


キズアトの幅が広い

盛り上がりがない(あるいは有っても程度が軽い)幅の広い瘢痕の場合、手術で単純切除(切取って縫い直す)などの方法があります。

境界をぼかすのみであればレーザー治療をご紹介することもあります。

キズアトで動きが制限される(瘢痕拘縮)

キズアトのひきつれに伴い、動きが制限される(指、腕が伸ばせないなど)場合は手術により、周囲の皮膚を特殊な方法でやりくりすることで短い傷を長い傷にしたり、皮膚移植により足りない組織を補ったりすることがあります。

  
キズアトに色がついている(刺青、色素沈着、毛細血管拡張)

外傷性刺青(外傷の項参照)色素沈着:傷跡に茶色い色が残ります。

レーザー、しみとり(塗り薬) など

  
キズアトが赤い、盛り上がっている、かゆい(ケロイド、肥厚性瘢痕)

赤く盛り上がり、痒みや痛みを伴うキズアトがあります。こういった傷は全てケロイドと思われがちですが、臨床的には肥厚性瘢痕とケロイドに大別されます。

もともの傷の範囲を超えずに数か月から数年かけて自然萎縮するものを肥厚性瘢痕といい、最初の傷の範囲を超えて(あるいはもともと傷のないところに)周りの正常組織も巻き込んで大きくなるものをケロイドと言います。

ケロイドは起こしやすい場所(好発部位)があり、起こしやすい原因としては皮膚の緊張の強いところ(肩、胸骨前面、恥骨直上など)や一度傷が化膿などして治癒に時間がかかった場合などが挙げられます。

ケロイドは見た目のみならず、慢性的な痒みや痛みを伴う疾患です。また、巻き込まれた正常皮膚が毛嚢炎などになり、感染を繰り返したりすることで著しくQOLを損なう恐れのあるもので、充分治療対象となるものです。

 治療:手術療法+電子線照射

    保存的治療 ステロイド(張り薬、塗り薬、注射)

    トラニラスト内服

    シリコンシート(圧迫療法)