脳神経外科手術の術中電気生理学的脳神経機能モニタリング

脳神経外科の手術は、術後の新しい症状がでないように、手術後の日常生活は術前と同様にできるように、術前に運動麻痺などの症状が既に出現している場合は、少しでもその症状を改善できるように、術中電気生理学的モニタリングという技術を用いて、脳神経機能のモニターを行います。その方法には以下の2種類があります。

1)末梢神経を刺激して、頭皮上、脳表、神経上から反応を記録する。(誘発電位モニター

2)神経や脳を直接刺激し、筋肉の動きを記録する。(筋電図モニター

当施設では、ほぼすべての脳神経のモニターを下記の通り、必要に応じて行います。

1)体性感覚誘発電位(SEP):痛みなどの神経、知覚(感覚)のモニター

  聴性脳幹反応(ABR):音を聞く神経、聴力の機能モニター

  聴覚刺激聴神経誘発電位 (CNAP):音を聞く神経、聴神経の位置のモニター

  視覚誘発電位(VEP):物を見る神経、視力のモニター

  嗅覚神経刺激誘発電位:匂いの神経、嗅覚のモニター

 

2)運動野直接刺激誘発筋電図:手足を動かす神経のモニター

  顔面神経刺激誘発筋電図:顔を動かす神経の機能と位置を探すモニター

  外眼筋誘発筋電図:複視(物が二つにみえる)防止の目玉を動かす神経のモニター

  瞬目反射:顔面の感覚と顔面の筋の動きのモニター

  迷走神経刺激声帯誘発電位:声帯機能のモニター

  副神経刺激僧帽筋誘発筋電図:首をひねったり肩を上げる筋のモニター

  舌下神経刺激舌筋誘発筋電図:舌を動かす筋のモニター

性脳幹反応(ABR)V波によるモニターの波形例