機能的脳神経外科

顔面の片側にけいれんが生じる病気です。片側の目の周囲から始まって、年月をかけて、次第に口の方へ広がり、顔面半分に広がります。主な治療は、1)ボトックス注射を3-6か月に1回、顔面の痙攣するところを中心に、行う方法と、2)顔面神経を刺激してけいれんの原因となっている頭蓋内の責任血管を移動させて、顔面神経への刺激を取り除く手術があります。

頭部MRI検査や筋肉の動きの反応をみる筋電図検査を行って確定診断いたします。

1)けいれんの特徴

 左右のどちらか片側だけの顔面の筋肉がぴくぴくけいれんをおこす病気です。目の周囲からはじまり、数ヶ月から数年経過して、同じ側の口のまわりなど顔の下の方の筋肉へとひろがってゆきます。けいれんもひどくなると目を閉じてしまうようになり、車の運転などが危険になってしまうこともあります。緊張した時や、寝不足のときなどは、けいれんが増強する傾向が見られます。通常、左右どちらかにみられ両側にみられることはありません。

2)原因

 頭蓋内の小脳橋角部というところで顔面神経を動脈が拍動性に圧迫刺激することによって、顔面神経が過敏になり、顔面の筋肉が無意識にぴくぴくと引きつれるように動いてしまう病気です。

3)診断

上述のけいれんの特徴に加えて、我々の施設では、誘発筋電図の検査を行っております。

筋電図検査による診断:目のまわりの筋肉を動かす神経を電気刺激しても正常者では、目のまわりの筋肉から筋電図反応が得られるだけですが、目のまわりの筋肉を動かす神経を刺激して、口の周りの筋肉からも異常な筋電図反応がみられるのが片側顔面けいれんの特徴です。また、顔面筋のF波の亢進所見を認めます。筋電図検査は、筋肉全体の動きをみるために皿電極を顔に貼り付けて記録しますので、針を筋肉に刺す必要はなく、痛みの無い検査です。

また、画像検査では、MRIとMRアンギオ検査を行い、顔面神経を刺激している動脈を同定し、また、脳腫瘍や血管奇形などがこの病気に関与していないことを確認します。

4)手術治療

 神経血管減圧術を行います。顔面けいれん側の耳の後ろ、約6-7cm皮膚を切開し、500円玉強の大きさの穴を頭蓋骨に開けます。そこから、脳神経外科手術用顕微鏡を使用して、テフロンにより顔面神経を圧迫している動脈を移動させ、動脈による顔面神経の圧迫を解除します。この減圧部分は、小脳の影になって、小脳を牽引しなければ見えにくい部分です。この圧迫血管と顔面神経の圧迫部位をハイビジョン内視鏡で確実に観察し、確実安全な減圧を行います。

 手術中にも筋電図検査(顔面けいれん異常電位の低下消失)を行い、手術操作のめやすにしています。ほぼ全例で反応が低下してくるために手術中のモニターとして有用です。

矢印の方向の顔面神経にあたる3つの血管を移動させて圧迫を解除します。

この内視鏡による観察と筋電図モニター下に減圧することで、内視鏡導入以降顔面けいれんの術後の治癒率を100%に近づけております。

いままでの我々の経験から、術後すぐにけいれんが消失する人と少しずつけいれんが消失してゆく人と、ほぼ50%ずつに分かれます。その原因はわかっておりませんが、けいれんが見られても術前のけいれんと比べると軽いことが多く、次第にけいれんの程度や回数が減少し、いずれは消失します。この消失までの期間の平均値は約5ヶ月ですが、半数の患者さんは、1ヶ月くらいまでに軽減消失します。

次に記載しましたボトックス治療の効果が悪い場合や反復注射治療をさけるために、ボトックス治療をやめて手術治療を受けることも可能です。

術後、まれに顔面麻痺を生ずることがあり、原因不明です。内服治療により、少しずつ回復してきます。

 

5)ボトックス治療

 高齢者や全身合併症のために、全身麻酔や術後合併症のリスクが高く、神経血管減圧術が困難な場合、また、手術以外の治療を考えられる患者さんに対して、症状を少しでも軽減する目的でボトックス治療を行っております。薬が少ないとけいれんが消失する効果が少なく、薬が多いと軽い顔面筋麻痺となる危険はありますが、次第に注射の量を調整してゆくことで、けいれんを軽度の状態に安定させることができます。約3-6ヶ月でその効果が消失してきますので、再治療が必要となります。

片側の顔面痛で、ものを食べたとき、顔を洗った時、歯を磨いたときなどに、顔面や口腔内に電撃痛、歯医者さんで虫歯の治療中に神経に触ってずきっとくる時の痛みが顔面におこります。治療は、1)テグレトールやリボトリールという内服薬と、2)三叉神経を拍動性に圧迫する正常の頭蓋内動脈を手術で異動させる治療とがあります。

 

三叉神経痛の特徴と治療

1)痛みの診断、原因

 片側の顔面痛で、三叉神経が正常の頭蓋内動脈により拍動性に圧迫されることが原因です。痛みは左右どちらかにみられ両側にみられることは通常ありません。脳腫瘍が三叉神経痛の原因となることが、1%以下あると言われており、また、圧迫血管ではなく神経の癒着が原因のことも少数みられます。圧迫血管のない症例では、神経の癒着を剥がし、三叉神経の走行をまっすぐにして、ハイビジョン内視鏡で確認し、手術を終了します。

2)手術治療

1)手術は、神経血管減圧術を行います。顔面痛側の耳の後ろ、約6-7cm皮膚を切開し、500円玉強の大きさの穴を頭蓋骨に開けます。そこから、脳神経外科手術用顕微鏡を使用して、テフロン片により圧迫血管を移動させて三叉神経の圧迫を取り除きます。また、神経の癒着やよじれを可能な限り、解除します。

2)術中モニター:手術合併症として、聴神経が弱いため、片側顔面痙攣と同様に聴力障害が出る可能性があり、手術中に、聴性脳幹反応(ABR)といって、聴力のモニターを行います。

術後経過観察:三叉神経痛は、手術直後から消失する患者さんが多いですが、少し痛みが残り、しばらくしてから痛みが消失する患者さんもおります。