血液内科 外来担当医表

外来担当医表

対象疾患と特色

当院血液内科では、白血病などの血液腫瘍、再生不良性貧血などの血液疾患、貧血や出血傾向などの血液異常について診療を行っています。

具体的には、急性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、真性多血症や本態性血小板血症などの骨髄増殖性腫瘍、再生不良性貧血、溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減少性紫斑病などの疾患をもった患者様に対して、専門性の高い治療をご提供したり相談に乗らせていただいたりしています。

現在、血液内科専門医5名(常勤2名・非常勤3名)が外来、入院の診療を担当しています。

血液内科の診療を行っている病院は都内でも少ないため、血液の病気ではないかと言われたがどこで誰に相談したら良いかわからない、とお困りの方もいらっしゃるかと思います。当院は、通常の診療だけでなくセカンドオピニオンも受け付けています。

お急ぎの場合も、できるだけ対応するようにいたしますので、まずはご相談下さい。

なお、造血幹細胞移植(一般的には骨髄移植で知られている治療のこと)は当院では行っていません。

同治療が必要な患者様については、近隣の移植専門施設や都内の大学病院への橋渡しをいたします。

血液腫瘍

急性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、骨髄増殖性腫瘍などの血液腫瘍に対して、日本の治療ガイドラインに沿った標準的治療をはじめ、新規治療薬を採用して専門性の高い治療を行っています。これらの疾患は、すぐに治療を始めなくてはならない場合も少なくありませんので、疑われた場合は、すぐに当院地域連携室までご連絡下さい。

血液疾患

再生不良性貧血、溶血性貧血、特発性血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減少性紫斑病などの血液疾患が疑われた患者様に対して、専門的見地から相談に乗りながら病気の診断や治療を進めていきます。血液検査でこれらの疾患が疑われた場合は、当院地域連携室までご連絡下さい。

血液異常

検診などの血液検査で貧血と言われた方、貧血の治療を受けたことのある方は少なくありません。貧血にはさまざまな原因があり、かかりつけの医院や病院で検査や治療を行うだけで良くなる場合もあれば、専門的な立場から原因を探らなければならない場合もあります。また、マラソンなどスポーツをやる方にとって貧血はパフォーマンスの低下につながります。貧血でお悩みの方は、ぜひご相談下さい。その他、血が止まりにくい、あざができやすいなどの症状が続く時は、血液疾患が隠れている場合があります。かかりつけ医の先生から専門病院での検査が必要と言われた時は、一度ご相談下さい。

スタッフ

医師名写真役職名資格
小橋 澄子 image 医長 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・指導医
日本血液学会 血液専門医・血液指導医
日本造血細胞移植学会 造血細胞移植認定医
インフェクションコントロールドクター
戸澤 圭一 image 医員 日本内科学会 認定内科医
日本血液学会 血液専門医
緩和ケア研修会受講修了
住谷 智恵子 image 医員 日本内科学会 認定内科医
緩和ケア研修会受講修了
菊池 正夫 image 診療部顧問 日本内科学会 認定内科医・指導医
日本血液学会 血液専門医・血液指導医
日本体育協会スポーツドクター
日本医師会認定産業医
人間ドックアドバイザー
村上 博 image 非常勤 日本内科学会 認定内科医・指導医
日本血液学会 血液専門医
日本血栓止血学会 専門医
石田 明 image 非常勤 日本内科学会 認定内科医
日本血液学会 血液専門医・血液指導医
日本輸血・細胞治療学会 認定医

診療体制表

2019年4月1日 現在

 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日第2.4土曜日
午前   戸澤 小橋 菊池 村上  
午後
(予約のみ)
  戸澤

第1
石田
小橋 菊池 住谷
村上
 

紹介状をお持ちの方は初診でも予約をとることができます。詳細はこちらからご確認お願いします。
地域医療連携センター(電話番号:042-524-2438)にお電話下さい。

▲ページ上部へ戻る