呼吸器内科

 

カンファレンス後の集合写真


呼吸器内科の特徴

 ① 臨床

 ② 教育

 ③ 臨床研究

   
 この3つを柱として日々の診療業務にあたっています。

①臨床

当科では下記の疾患を中心として検査および治療を行っています。

肺癌

検査:気管支鏡検査、CTガイド下生検、外科的肺生検

治療:手術、放射線治療(定位放射線治療含む)、抗癌剤(新規薬剤も早期に採用しています。)

 

間質性肺炎

検査:呼吸機能検査、気管支鏡検査、外科的肺生検

治療:各種免疫抑制薬、抗線維化薬、酸素療法

 

睡眠時無呼吸症候群

検査:終夜睡眠無呼吸検査

治療:鼻マスク式持続陽圧呼吸

 

その他、胸部異常陰影、COPD、気管支喘息、呼吸器感染症、気管支拡張症、慢性呼吸不全などの多くの呼吸器疾患の方の検査および治療を行っています。

②教育

当科では研修医および後期研修医に対する教育に力を入れています。

研修医の週間スケジュールの一例を示します。
②教育


カンファレンス

カンファレンスでは担当症例のプレゼンテーションを行いますが、プレゼンテーションの方法に関しても詳しく指導します。

内科カンファレンスは当院の全内科医が参加して、症例のプレゼンテーションおよび各内科のトピックスについてのレクチャー等があります。

呼吸器カンファレンスは当院呼吸器外科、放射線診断および治療部門の医師、多摩地区の他の病院の医師との合同カンファレンスで肺癌症例を中心に症例検討を行っています。

クルズス

日々の指導に加えて胸部レントゲンの読影方法、胸水の解釈、救急外来での対応などに

関しての系統だったクルズスを行っています。

 

また、日々の病棟でも指導医と密に連絡をとり、フィードバックを毎日行っており、手技に関しても積極的に行っています。

 

研修医がグラム染色を行っている様子

③臨床研究

当科は学会発表や論文等の学術活動も積極的に行っています。

慶應義塾大学医学部呼吸器内科の関連施設であり、臨床研究に関して共同研究を行っている他、症例報告や当院独自の臨床研究に関しても積極的に取り組んでいます。

 

学会発表

呼吸器学会、肺癌学会、感染症学会、アレルギー学会を始めとして多くの学会に参加して発表しています。貴重な症例は地方会で積極的に発表を行っています。

 

2019年3月に東京で行われた 第184回日本肺癌学会関東地方会で発表した
研修医 宇井先生と指導を行った呼吸器内科後期研修医 砂田先生
宇井先生は初めての学会発表にも関わらず、専門的な質問対しても臆することなく堂々と返答していました

 

2018年11月に東京で行われた第646回日本内科学会関東支部主催関東地方会発表した
研修医 下村先生と指導を行った呼吸器内科後期研修医 砂田先生
なお、当発表は関東地方会奨励賞を受賞しました


2018年10月に福岡で行われた第67回共済医学会で発表した
研修医 松山先生、研修医 竹下先生と指導を行った呼吸器内科 谷先生


2018年4月に大阪で行われた第58回日本呼吸器学会学術講演会のミニシンポジウムで発表した
当科専修医 福井 崇大先生と呼吸器内科 谷 哲夫先生
 

2016年4月に仙台で行われた第90回日本感染症学会総会・学術講演会で発表した
研修医渡邊 俊先生と呼吸器内科部長黄先生

 

 

当院での 初期研修後期研修 に希望や興味のある方はいつでもご連絡ください。