健康コラム

自然気胸|立川病院
自然気胸

呼吸器外科部長 山本 達也

健康で若い人の胸痛・呼吸苦

Q. 健康で年齢も若いのに、急に胸が痛くなって息苦しくなりました・・・
A. それは自然気胸かもしれません。

自然気胸とは?

自然気胸は、肺に穴があいてパンクすることで発症する疾患です。20歳前後の長身でやせ型の男性に多い疾患ですが、壮年以降や女性にも発症することは珍しくありません。自然気胸はほとんどの場合は命にかかわるようなことはありませんが、重度な気胸(緊張性気胸)や両側同時性気胸など、ごく稀に重篤な状態になることもあります。

自然気胸の原因は?

肺の表面を覆っている薄い膜(胸膜)の一部が風船状に膨れ、運動や咳などをきっかけに破けることが原因です。肺の表面に出来た風船状の部分を、肺嚢胞とかブラと呼びます。なぜブラが出来るのかは正確な原因はつかめていませんが、肺の上部に多いこと、長身やせ型の人に多いこと、山間部より都市部に多いこと、喫煙者に多いこと、などから類推して、大気中の有害物質が肺に影響しているのではないかと推察されています。長身の人は肺も縦に長くなるため、肺の上部は血流による有害物質の分解代謝が十分に行われず、肺組織の脆弱化とブラの形成につながると考えられます。

自然気胸の治療は?

自然気胸と診断されたら、状況によって入院安静や胸に管を留置する処置が必要となります。また、自然気胸を繰り返すような場合や、初発でも重度な自然気胸の場合は手術が必要な場合があります。手術はほとんどのケースは胸腔鏡という手術用内視鏡を使用した負担の小さな手術が行われます。

気胸は問診や聴診・打診、それにレントゲン検査などの簡単な検査で比較的容易に診断ができる疾患です。つい先ほどまで元気で普通に過ごしていたのに、突然に胸が痛くなったり苦しくなったりしたときは、自然気胸を発症しているかもしれません。そのような時は、お近くの医療機関または当院を受診していただければと思います。

その他コラム