下肢静脈瘤の低侵襲治療:血管内塞栓術を開始しました

これまでも、下肢静脈瘤に対しては日帰り血管内焼灼術含め低侵襲治療を実施していました。
 
今回さらに低侵襲である、グルー(接着材)による血管内塞栓術を開始しました。

この治療は、静脈瘤の中にグルーを注入し、静脈瘤を閉塞、根治させる治療です。

痛みもなく、局所麻酔もごく少量にて治療が可能です。

 

下肢静脈瘤でお困りのかたは、ぜひ、立川病院血管外科へご相談ください。

 

静脈瘤に関しての詳細は以下をご参照ください
“静脈瘤について詳しくはこちら”

 

血管外科 秋山 芳伸

  

一覧に戻る