健康コラム

お薬手帳について| 立川病院
お薬手帳について

薬剤科 薬剤師 金田美咲緒

お薬手帳とは

患者さんがいつ、どこで、どんなお薬を処方してもらったかを記録しておく手帳のことです。

複数の医療機関を受診する時や、転居した時など、きちんと記録してあれば『お薬手帳』を見せるだけで、あなたが服用している(服用していた)お薬がわかります。

 

お薬手帳を医療機関や調剤薬局に持って行くと

●薬の重複やよくない飲み合わせを未然に防ぐことができます。

●以前服用した同じ薬による副作用を記録しておくと、再発を防止できます。

●薬の使用の記録があることで、より安全に薬を使用することができます。

 

いつも持ち歩いていると、旅先で病気になってしまったり事故にあってしまった時、休日診療所・救急病院を受診する時や災害にあった時など、思いがけない事態にも、お薬手帳があれば初めての医師にもあなたが服用しているお薬についてきちんとお知らせすることが出来ます。場合によっては救命救急処置が円滑にできることになります。

薬局で市販薬やサプリメントを購入する時でも、お薬手帳を見せて飲み合わせをしっかりチェックしてもらいましょう。
 

お薬手帳はご自身で書き加えることも可能です

ご自身で購入したお薬の名前や体調の変化などもメモしておき、医師や薬剤師に見てもらうという利用法もあります。

お薬手帳は調剤薬局や医療機関の薬剤師に声をかけるともらうことが出来ます。

 

しかし、あなたの飲んでいるすべての薬を「1冊のお薬手帳で」記録することが大切です。

 

病院ごとや薬局ごとに、別々のお薬手帳を作らないようにしましょう。
 
【関連する項目】
 治験のご案内

その他コラム