健康コラム

ながびく咳 | 立川病院
ながびく咳

呼吸器内科部長 黄 英文

ながびく咳

咳は風邪や気管支炎、肺炎などの呼吸器感染症で咳が出ることが多いですが、ときに2週間以上さらには1ヶ月以上ながびくことがあります。このようなときに考える大事なことがあります。

ひとつ目は肺炎や結核、肺がんなど咳の原因となる疾患が存在しないかどうか、です。胸部レントゲンを撮影し咳の原因となる肺の病気があった場合には、専門的な診察を進めていくことになります。

ふたつ目は胸部レントゲンで異常がない場合です。その中には、アレルギーの病気として咳喘息やアトピー咳嗽、消化器の病気として胃食道逆流症、耳鼻科が関わる後鼻漏や副鼻腔気管支症候群、感染症として感染後咳嗽や百日咳、たばこが関わる慢性気管支炎や肺気腫、などいろいろな病気が含まれます。

2週間以上咳がながびく場合には、年齢や喫煙歴を問わず胸部レントゲン撮影を行い、異常所見がないかどうか調べてみることをお勧めします。胸部レントゲンの他に痰の検査やアレルギー検査、肺機能検査、胸部CT、胃カメラ、耳鼻科診察などを必要に応じて組み合わせ診断を進めていきます。高血圧薬や環境因子、心理的なことが原因となることもありますので、咳がながびく際には一度専門科へご相談ください。

その他コラム