健康コラム

胸の痛みが起こったら|立川病院
胸の痛みが起こったら

循環器内科医長 影山 智己

胸の痛みが起こったら

胸のいたみはいろいろな原因で起こります。なかには命に関わる怖い痛みから、放っておいても心配ない痛みまでさまざまです。病院ではそれがどっちなのかを調べますが、その際には患者さんから痛みの情報を詳しく教えていただく必要があります。

例えば痛みといっても、何となく重い感じ、圧迫される感じ、ずきずきする痛み、体の動きに伴って鋭く痛む痛み、絞られて締め付けられるような痛みなど様々な性質の痛みがあります。また一瞬の痛みもあれば、数分のもの、さらには何日も続くものもあります。さらに痛みの場所も重要です。胸のどのあたりか、真ん中なのか左側なのか、右側か。狭い一カ所だけなのか、胸全体なのか、顎とか肩にも痛みがあるのか、といった情報が不可欠です。それらがいつ、どんなときに起こったのか、まだ今でも続いているのか、いつ頃消失したのか、などを教えていただきます。

寒い朝、通勤途中や駅の階段で胸が圧迫されるけれど、休むと治る、という場合には狭心症の可能性があります。すぐに治らず、息苦しさや冷汗などを伴った胸の痛みは心筋梗塞や肺血管が詰まった可能性もあり、生命の危険もあるので特に注意が必要です。突然起こった背中や胸を突き抜けるような激烈な痛みの場合には大動脈の亀裂などを疑います。これらの重篤な症状の場合では緊急に診察・治療が必要ですので、救急車での受診することをお勧めします。

そのほかには、そこまで緊急性はありませんが、食事の際に痛みがひどくなったり、引っかかるような飲み込みづらさがあるようなら、食道や胃の炎症等が疑われます。皮膚に水疱を伴ったできものができ、ちくちく刺すように痛む場合には帯状疱疹という皮膚の病気を疑います。体をひねったり、起こしたときに痛むものは、とくにそれが何日にもわたって繰り返されるときには心臓周囲の膜が炎症を起こしている可能性や、気胸といって肺に穴があいた可能性、あるいは骨や肋間神経、筋肉の痛みの可能性などが疑われます。

当院では患者さんからこのような症状をお聞きした上で、各科専門医が待機して適切な検査、治療、管理を提供致します。心当たりのある方は是非、ご相談下さい。

その他コラム