健康コラム

動悸がしたら|立川病院
動悸がしたら

病院長 循環器内科 三田村 秀雄

この胸のときめきは?

心臓がドキドキすること、ありませんか?そんな症状を動悸、と表現します。実はこの動悸、語源はドキドキを漢字に当てはめただけのようで、心臓の鼓動が激しくなった状態をいいます。
運動したとき、驚いたとき、興奮したとき、不安なとき、恐怖を感じたとき、胸がときめいたときなど、様々な場面で動悸を感じることがありますが、それが規則正しいリズムであれば病的とは呼びません。ところが何の理由もないのに動悸がした場合には、不整脈という病的な現象かもしれません。脈が不整になると言っても様々な形があり、普通より遅くなるのは徐脈、速いのは頻脈と呼びます。突然脈が速くなれば発作性頻脈とか発作性頻拍と表現します。

胸キュンをもたらす期外収縮

脈が一瞬抜けて(結滞と呼ぶこともあります)、その際に一瞬不快な感じを覚えることがありますが、これも動悸と表現されることがあり、やはり不整脈の一種です。多くの場合、これは心臓がつまずくような収縮の仕方をしたときに起こるもので、専門的には「期外収縮」と呼びます。期外収縮は心臓の収縮が一瞬だけ普通よりも早く起こる現象で、血圧も一瞬下がります。もし期外収縮が連続して起これば、血圧低下のために、めまいや失神を来したり、ひどい場合にはそのために突然死に至ることさえあります。

脈をバラバラにする心房細動

もう一つ、脈の大きさや間隔がバラバラになる動悸があり、これは「心房細動」という不整脈によって起こります。その乱れが数分で収まることもあれば、数時間、さらには数日というもの、果ては一生続くものまで様々です。この心房細動はお年寄りに多くみられますが、問題は動悸だけではありません。心房細動では心臓の中の心房という部屋で血液が淀むため、やがてそこに血の塊(血栓)ができます。その血栓が、あるとき心房から飛び出して脳血管に流れ込みと、詰まった先に脳梗塞を起こすことになります。有名な小渕総理、長嶋監督、オシム監督はいずれもこの心房細動が原因で脳梗塞を患った方々です。この脳梗塞を防ぐことが心房細動の治療において最も重要であり、そのために血液をサラサラにする薬が必要になります。

本当は怖い不整脈

心臓の不整脈のために突然死になったり、脳梗塞を患って寝たきりになるのを避けたければ、動悸を感じた時点で専門医を受診することです。立川病院には専門医が待機して適切な治療、管理を提供致します。心当たりのある方は是非、ご相談下さい。

その他コラム