健康コラム

股関節痛からの解放| 立川病院
股関節痛からの解放 ― 人工股関節置換術

整形外科部長 鈴木 禎寿

股関節痛の原因疾患

脚の付け根を『股:また』といいますが、医学用語では股関節(Hip joint)といいます。

慢性股関節痛で最も多い原因は変形性股関節症です。軟骨がすりへり骨が変形する病態で、重度になると歩行困難や足の爪切りなどの生活動作に不便を感じるようになります。

股関節の構造は骨盤の半球状にへこんだ部分(寛骨臼:かんこつきゅう)に球状の大腿骨頭がはまっており、ソケットにボールがはまるボールジョイント構造です。日本人に多いのはソケットの屋根にあたる部分(臼蓋:きゅうがい)が骨頭に対し相対的に小ぶりで、かつ大腿骨頚部の形態異常により骨頭が臼蓋から前方にはみ出すなどして、軟骨損傷や摩耗が進行する寛骨臼形成不全に伴う変形性股関節症です。50代女性に多く発症します。その他にも関節リウマチ、大腿骨頭壊死、股関節周辺の腫瘍など様々な病因があり、これら何らかの異常に続発するものを2次性股関節症と総称します。腰椎ヘルニアなど脊椎に原因のある痛みを股関節周辺に感じる事も良くあります。診断においてはX線など画像所見のみでなく、話を聞いたり、動かしたり、触ったりしながら総合的に判断していきます。

股関節症の治療

変形性股関節症の治療の基本は痛み止めなど対症的投薬をしつつ、杖の使用、減量、運動などの保存療法が基本です。保存療法を十分行っても痛みが緩和せず、生活や仕事への支障が大きい場合や我慢できなくはないがより活動的な人生を送りたい場合は手術治療が考慮されます。近年もっとも治療成績が安定しているのは人工股関節置換術です。骨盤、大腿骨それぞれの骨を削ったり切除したりして形を整え、ソケット状の金属パーツ(カップ)を骨盤へ、支柱のようなパーツ(ステム)を大腿骨骨髄へはめ込み、その一端にボール状のパーツ(ヘッド)を結合させ、ボールとカップの間に軟骨に相当するプラスチック部品(ライナー)をはさみます。

 劇的に痛みから解放され、長期にわたり体の一部として機能してくれる効果が期待できる一方、手術には出血、感染、余病の発症をはじめ様々な危険性が伴います。また脱臼、ゆるみ、人工股関節の破損、周囲での骨折などの限界もあります。股関節手術に習熟した医師とよく相談し、治療の効果、リスク、限界を良く理解して自分に適した方針を決めていきましょう。

その他コラム