健康コラム

皮膚の黒いできもの|立川病院
皮膚の黒いできもの

皮膚科部長 稲積 豊子

皮膚の黒いできもの

以前よりあったホクロがいつのまにか大きくなっていたとき、ある日突然皮膚に黒いできものを見つけたときドキッとされる方は多いのではないでしょうか。このような件で皮膚科を受診される方は少なくありません。多くの場合は良性のホクロ(正式には色素性母斑という皮膚腫瘍)や老人性のシミ、イボ(脂漏性角化症)でいずれもゆっくり拡大します。脂漏性角化症はときに親指大ほどの大きさになることがありますが、境界明瞭かつ表面がクレーター様でざらついて見えることが多いです。しかし、ご高齢の方の頭部や顔面で、急速に拡大したり、出血したりするものの中には、基底細胞癌という皮膚癌が見つかることもあるので注意が必要です。なお足の裏のホクロで悪性を心配される方もいますが、前述の色素性母斑は全身皮膚の何処でも生じ得ますので、良性であることが殆どです。ただ日本人では比較的足裏のホクロの癌(悪性黒色腫)が多いので、7mm以上のもの、色が不均一で濃淡があるものについては皮膚科専門医の受診をお勧めします。

皮膚科では良悪性の鑑別にダーモスコピーという機器を用います。虫眼鏡の様に観察すると、病変の詳細な構造が分かる為、皮膚癌の診断に威力を発揮します。悪性腫瘍が疑われる場合や、ダーモスコピーでの判断が難しい場合は局所麻酔をして一部あるいは全てを切り取って行う組織の検査(皮膚生検)で診断をはっきりさせることができます。なお、爪も皮膚の一部であり、黒い色の変化が現れることがあります。突然爪に赤黒いあるいは黒褐色の斑が現れたとき、大体の場合は爪の下の出血で、きつい靴を履いたり、激しい運動後に生じる事が多いです。また爪甲色素線条といって、ペンで爪に縦に線を引いたような色素変化が生じることもあります。これは爪の根元に生じたホクロが原因となることが多いのですが、感染症や薬剤、悪性腫瘍で色素変化が生じることがありますので、心配なときは皮膚科を受診してください。

皮膚のできものの治療は、手術が組織の検査も同時にできて、しっかり取り除くことができる点で望ましいと思いますが、明らかに良性のものや多発しているものは、液体窒素、高周波メス、CO2レーザーなどを使用することもあります。医療機関により可能な治療は異なりますので、できれば皮膚腫瘍の治療を多く行っている施設での診察をお勧めします。

その他コラム