治験のご案内

治験とは

新しい薬を作るために研究開発が進められており、その中から生まれた「くすりの候補」は、厚生労働省が審査して、有効かつ安全と認められると、治療に使うことができます。

「くすりの候補」が厚生労働省に認めてもらうため、患者さんや健康な方に協力していただき、効き目や安全性を調べる試験を「臨床試験」といいます。この「くすりの候補」に国の承認を得て行う試験を特に「治験」といいます。

治験を実施するためには守らなければならないルールがあり、「医薬品医療機器等法」(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)という法律と「GCP」(Good Clinical Practice、医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令)で定められています。
治験は、GCPで定められた以下の要件を満たす病院で行われます。
◆医療設備が充分に整っている
◆責任を持って治験を実施する医師、看護師、薬剤師等がそろっている
◆治験の内容を審査する委員会が設置されていること
◆緊急の場合には直ちに必要な治療、処置が行えること
当院では、これらの要件を満たし、治験に参加して頂く患者さんに十分な説明と同意を得た上で、治験を行っています。

現在実施中の治験

 ◆肺炎
 ◆呼吸器感染症
 ◆睡眠障害を伴うアルツハイマー型認知症
 ◆片頭痛
 ◆心不全
 ◆パーキンソン病(募集終了)
 ◆レビー小体型認知症(募集終了)
 ◆インプラント(骨補填材)(募集終了)
 ◆COPD(募集終了)

過去に実施した治験の対象疾患

 過去に実施した治験の対象疾患2017.6現在分

治験審査委員会議要旨

治験依頼者の方へ

統一書式はこちら
院内様式はこちら
手順書はこちら
手 順 書
手順書番号資 料 名
手順書1 IRB標準業務手順書20170327
手順書2 治験標準業務手順書20170327
手順書3 受託研究の手続20151215

 

治験に関する問い合わせは、立川病院 クリニカルリサーチセンターまで